12,1月のふたりとそのケーキ-departure ディパーチャー -

0
     思い起こせばあれは2ヶ月前のことになりましょうか。

    11月のケーキを御紹介してから。


    もう終わったかと思いました?

    ノンノン。

    ずーーーーーっと試作をしていたんですよ。

    やっと、やっと完成しました。

    まずは12月から掲載しておりますポスターの御紹介から。





         ときに滑稽だけどわるくない、わたしたち。

                   
                ふたりは、もうすでにそこにはいない。



     -----------------------------------------------------------------

     自由でいながら、お互いを思いやりながら、

     ふたりは固い約束もないままに、一年という時間を旅してきました。


     一年を経て彼女は「ときに滑稽だけどわるくない、わたしたち」と、

     二人の関係を公然とさらり肯定しました。

     そして男は「ふたりは、もうすでにそこにいない」という言葉とともに
     
     いちども姿をさらすことなく、気配とせつなさだけを残して

     ふたりは僕らの前から消え去っていきました。

     行き先を誰にも告げることなく。


     もしかするといつか何処かの街角の花屋さんで、

     彼が彼女のためにスミレを手にしている姿を見かけるかもしれません。

     < Violets for Your Furs.>

     ふたりに微笑みとグッドラックを。

    ----------------------------------------------------
     ※[dorado radio]より抜粋


    このムッシムパネンとdoradoさんとのシリーズはこれで終わりだけど

    この男女ふたりの関係は、皆さんの妄想の中で生きていけるとしたら

    そんなシアワセな事はないですね。


    さて、ムッチムシェフはこのポスターから、どんなケーキを生み出したのか。

    こちらです。




     departure  ディパーチャー


    あ、グローブね。

    とか思わず口にだしたら、年の頃がだいたい分かってしまうから黙っておいた方がいいですよ。


    このケーキは男と女に分かれています。

    まずは土台にナッツがザクザクしたメレンゲがあります。

    その上にビターアーモンドのクリーム、カラメリゼしたバナナのジュレ、レモンのシブースト

    ここまでの白い部分が「男」です。

    その上に横たわる、紅茶風味のイチゴ、グロゼイユ、ラズベリーのムースの赤い部分が「女」です。

    そして、「男」と「女」をカラメルソースでひとつに。


    それぞれ、いろんな個性が重なり合い、一見合わなさそうに見えるけど

    不思議な一体感。

    それぞれが主張しているようで、相手を引き立ててもいる。

    大切なのはそのバランス。

    まさに、大人の男と女。


    そんな、ケーキです。

    これが「男と女」シリーズの集大成。

    是非堪能して下さい。

                                 おけい
    男と女 | permalink | comments(0) | - | - | -

    11月のふたり と そのケーキ「Lady N」

    0
       


         わたしは あなたのトナカイには なれないけれど。

              
           きみが きみ自身でいるというだけで 僕は うれしい。



      あっという間に2月になってしまいましたね。

      そんな中、プレイバックシリーズ第一弾、11月の巻です。


      11月後半(いや、ギリ12月入ってからか)から、クリスマスまで店内に展示してあったポスターです。

      思い出してください。

      あったでしょう。


      10月に最高の盛り上がりを魅せたふたりですが、

      11月はやけに、落ち着いた雰囲気、もう何年も付き合っている男女のようなムードが漂います。

      春に見られた、情緒不安定感はどこへやら。

      このままはまってしまうのか。どうなのか。

      いよいよ、次回がこのシリーズ最終回です。


      そして、このケーキをイメージしたケーキが先日、約2ヶ月じらして出来上がりました。



      レディ エヌ - Lady N -

      さっくりタルトの上には、しっとりチーズスフレ。

      優しい甘さのカラメルクリームと、さっぱり青リンゴムースが重なり

      トップはチョコのグラッサージュ。

      ほんのり青リンゴ風味のマカロンと、青リンゴ、苺のパート・ド・フリュイをかわいく飾りました。

      チーズとカラメルで少しコッテリかと思いきや、甘さと酸味の見事なバランスで非常に爽やかに仕上がっています。

      是非どうぞー。

      この、名前の由来はdoradoさんが、説明するとか、しないとか。




      さて、「男と女」シリーズ、いよいよ次回最終回です。

      ポスターは既に展示してあります。

      このブログでは、ケーキが出来次第ご紹介しますね。

                                   おけい



      男と女 | permalink | comments(0) | - | - | -

      10月のふたり

      0



          ずっとわたしたちのままでいましょう、この光と影のように

          アコーディオンとコントラバスとで奏でるように。




        じゅ、十月がーもう終わってしまう。

        そんなことは気にしません。

        だって、いつものこと。


        いよいよ出会いの月、10月のポスターが出来ました。


        ずっとわたしたちのまま。

        愛を打ち明けられた時の、断り文句にも捉えられがちですが

        実は、この「わたしたちのまま」でいることは、彼女(彼)らにとっては最上級の情愛のことばではないでしょうか。


        ずっと同じ状態を維持するということの困難さは

        見事、カムバック賞を獲得したカープの大竹投手に学びましたが、

        男と女のそれは、不可能に近いことでありましょう。


        それを、しよう、と言うのです。さらりと。

        光と影のように。


        光も、影も、

        どちらかがいないと全く引き立たない。 どころか

        その存在の意義すら消滅しかねないもの。

        これくらい相手を求める、欲するということ。 

        皆さん、経験ありますか?



        アコーディオンとコントラバスとで奏でるように。


        mama!milkさんの音色が

        きっと疑似体験させてくれることでしょう。


        28日(日)のmama!milkさんのライブ「ランデヴー」(妄想音楽会)、

        あともう少しだけ空きがあります。


        皆で、秋の夜長の妄想を楽しんでみませんか。


        特製スイーツ、

        すごいのが出来上がる予定です。

        そちらもお楽しみに。

        9月の妄想スイーツも、まさかの昨日から販売しております。

        その御紹介は、また次回。

        必ず。

                                        おけい




        男と女 | permalink | comments(0) | - | - | -

        9月のふたり

        0
           さてさて、御無沙汰しておりますが

          出来ましたよ、9月のポスターが。

          だいぶ前に。

          ええ、もう10月ですよ。

          だから、なに?


          と、年甲斐もなく逆ギレをしてみても、若返るわけでもないので

          いさぎよく平謝り。

          本当に、申し訳ありませんでした。





            サトウキビ畑を抜けて 650マイル。

            ここでわたしをつかまえて。



          詳しい背景説明はコチラをどうぞ→dorado radio


          5月頃は確か、北海道の方へいたような気がする「男」ですが、

          なんと、沖縄ナウです。

          これから、650マイルを経て、広島で待つ「女」のもとへ。


          「女」は、650マイル先の「ここ」で「男」を待ちます。

          ここはどこでしょう。

          「女」が天地真理なら、間違いなくテニスコートなのでしょうが、

          そうではないと、信じています。



          夏の終わりとともにいーい感じにふたりの心が寄り添ってきましたね。


          そう、いよいよ、このふたり、10月に出会ってしまいます。


          そして、この「ふたり」の出会いの為に、ちょっとしたお膳立てをしようと企んでいます。


          近々、詳細発表しますので、乞うご期待。


          で、それに間に合わす為に、ただ今9月の妄想ケーキ、大急ぎで思案中。

          こちらもお楽しみに。


          先日、親戚の叔父さんにブログの更新が恐ろしく遅い事に対して、指導が入りましたので

          秋風に乗せて心入れ替えて、サラサラ更新しようと何度目かの誓いをたてましたので

          そちらも乞うご期待。


          あと、ついでにお知らせしておきますと、

          栗の入荷が大変遅れております。

          モンブランはもうちょっとお待ち下さい。

          登場した暁には、コチラで即行お知らせしますので、アレだったらナンして下さい→musimpanenをフォローしましょう


          皆様のお越しをお待ちしておりますよ。

                                         おけい



          男と女 | permalink | comments(0) | - | - | -

          7月のふたり

          0
             




               きみは音をすべて脱ぎ去った花火。


               それは外すときがいちばんセクシー。



            お待たせいたしました。7月のふたりです。

            え、もう8月?もう中旬?

            いやいや、だれも7月に7月のポスター出すなんて言ってないじゃないですか。




            どうもすいません。

            ちょっとばかし遅れました。

            実は10日前に出来てました。(それでも8月だけど)



            さて、「音を脱ぎ去った花火のような女(ヒト)だ」なんて言われたことありますか。

            どんな女でしょう。

            花火。 

            華やかな光に心躍らせて、少し遅れてドドン。

            そのドドンがなかったら。

            もの足りないと思いますか? 

            どこか遠くの事に思えてしらけてしまいますか?


            ベルが鳴ったらエサを求めてしまうパブロフの犬のように

            光った後は音が鳴るのを期待してしまいます。

            稲妻もそう。

            あたりまえの事だと思っていたのに、あたりまえの反応がかえってこない時

            どう感じますか。

            わたしは、少しの不満と、少しの不安と、大きな興味。

            あら?  ナニカガチガウ。

            「男」は、「女」の心の変化に何か気付き始めたのかもしれません。



            先月「アオとシロ!」とバックリ割り切ってしまった「女」は、どこか心に遊びの余裕が出てきたようです。

            「それは外すときがいちばんセクシー」!


            世の女性の大半の方は、生涯の恋愛活動において

            異性の心を惹きつける、とっておきの胸キュン仕草をひとつかふたつ用意していると思います。


            それは、自身の経験から生み出されたものもあるし、

            さんまの「恋のから騒ぎ」から、学習したものもあるかもしれません。

            それが意中の人にヒットするかどうかは別として。


            そして「女」もまた、「男」の少しの不安を察知して、そのとっておきの武器で心をひきよせようとしているのかもしれません。


            ジュリーの歌では、ヒールやらルージュやら、過去やら未来やら、嘘やら罪やら

            いろんなものを脱ぎ捨てて(外して)おりますが、

            「女」は何をセクシーに外して魅せてくれるのでしょう。

            それは、それぞれの妄想の中で。


            さてさて、この7月(!)の妄想ケーキですが、

            ムッチムシェフ、ただ今鋭意思案中です。

            いいですか。次は、7月のケーキ。

            今、展示してあるのは、7月のポスター。


            世の中のマーケットは、夏のセールも終わり、秋冬商戦まっしぐらでしょうが、が、

            ムッシムパネンでは、大いにじらしていこうと思っております。

            そう我ら、うしろ指・・・ではなく、うしろ髪ひかれ隊なのであります!

            現在、お盆中も休みなし営業中なのでございます!!

            そこんとこどうぞよろしくお願いします!!!


            こちらもどうぞ→ doradoradio



                                        おけい
            男と女 | permalink | comments(0) | - | - | -

            6月のふたり

            0



                 いまは、アオとシロ。

                                      ROADSIDE   6:07AM

                 過ぎゆくことは、かくも美しい。

                                      DOWNTOWNSIDE    4:15PM


               


              以下妄想



              さて、例のあのふたり、男が女の元へ帰ってきている様子でしたが

              この雰囲気は結局会えてませんね。


              むしろ女の方は、あんなに心がたゆたっていたのに、パックリ。アオとシロ!

              ふっきってしまいました。

              スガスガシーッ!(財津一郎「キビシーッ」風)


              じゃあじゃあ、男はどうするの。どうしたの。

              この余裕な感じ。

              ウツクシイとまで言ってのけました。

              こんな、大人の男性。ニクイです。


              では、このままこのふたりの関係は終わってしまうのかといえば

              そんなことはありません。

              もうひと波乱、ありそうな予感ですよ。

              doradoさんの言うように「過ぎゆく」ことは、過去の事ではなく進行形のお話。


              そして、

              そこに浮かんでいる雲は、実は台風の時の雲らしい!(撮影者曰く)


              こりゃあ、荒れますぜ。



              という感じに、わたしはdoradoさんとは逆に、男と女の設定をしてみました。

              それぞれにストーリーがあって、楽しいですねー。


              あー。妄想って楽しい。


              さて、おまちかねの6月妄想スイーツは、あと、もう少し、先です。


              お楽しみに。




                                          おけい
              男と女 | permalink | comments(0) | - | - | -

              5月のふたり

              0
                 


                    たゆたう波に、 あなたの横顔がみえる。

                                         sea side   6:55pm

                    揺れる時の中を、 いまきみに向けて。

                                         mountain side 6:45pm



                背景の詳細はこちらをご覧下さい→ dorado radio

                これまでの二人はコチラ→ 2月の女  3月の男  4月の二人


                (以下、おけい妄想)

                 海辺の女は、少し疲れてしまったようです。

                 強すぎる己の情熱を ちょっともてあましている感じ。

                 桜も儚く散った事だし、この波のようにゆったりと冷静になってみようかしら。

                 と、彼女の気持ちはたゆたう。


                 一方、山を越えている男は、そんな彼女の気持ちを知ってか知らずか

                 連休に皆が帰省するように、彼女の元へ帰っています。

                 それが、一時のものなのか、永遠なものなのか

                 それは、まだ、わかりません。

                 ただ、彼女が時の彼方に消えていく前に

                 どうか間に合いますよう、祈るばかり。

                (以上、おけい妄想)


                いやー楽しみですね。

                どうなりますかね。

                二人の想いにはまだ少し距離があるようです。

                お酒に例えるなら、「燗冷まし」と「ひや」みたいな感じ。

                温度は同じくらいかもしれないけど、味わいが全く違う。みたいな。



                このイメージ(かなりムツカシイ)に合ったお菓子をただ今思索中。

                お楽しみに。



                さてさて、彼と彼女は再び出会うことができるのか。

                続きはまた6月に。 

                                              おけい
                男と女 | permalink | comments(0) | - | - | -

                4月のふたり

                0
                   

                    
                    いまあなたを想うこの時間は、美と儚さとともにある

                                             WESTSIDE   6:25PM

                    朝に想うきみは、いつも新しい。

                                             EASTSIDE    6:17AM




                  あの二人の続きです。    (バレンタインの女 / ホワイトデーの男
                   
                  詳しい背景説明はコチラのdorado師匠のブログを→dorado radio


                  西の女は、ほんの少しメランコリックな気持ちで彼のことを思う夕暮れ。

                  東の男は、なんとも清々しい気持ちで彼女を想うあけぼの。


                  ヴァレンタイン、ホワイトデーを経て

                  二人の気持ちには少しだけ温度差があるように感じられます(私には)


                  それは、決してどちらかの想いがより強いとか弱いとかそういうことではなくて

                  それぞれの愛し方の違い。(と私は感じるのです)

                  低温火傷と高温火傷の違い。  いや、違うか。


                  ハー大人だわー。(私の妄想です)


                  なんてことをしみじみと考えながら、ロゼワインで洒落込みましょう。

                  とらえ方は人それぞれ、十人十色。

                  恋人はワイン色。


                  ただいまこのポスターのイメージに合わせたスイーツ思索&試作中。

                  発表までもうしばらくお待ちを。

                  テラスの八重桜が咲く頃には。




                  て、そろそろお菓子の紹介もしないとね。

                                              おけい


                  男と女 | permalink | comments(4) | - | - | -

                  バレンタインの後は・・・

                  0

                    Hの後は・・・I企画。

                    バレンタインデーの後は・・・ホワイトデー。


                    みなさん、バレンタインのポスターの彼女の事覚えてますか?

                    彼女の本気の思いに、さて、彼はホワイトデーにどう応えるのか。


                    それが、こちら。





                    真っ白い水曜日に向けて、ムッシムパネンでは新作の準備が始まっておりますよ。

                    このポスターの世界と、ご存知「mama!milk」の世界とをコラボレーションさせた一品が生み出されようとしております。

                    乞うご期待。


                    さてさて、話はポスターに戻って、

                    この二人の関係の行方は今後も追っていきます。

                    4月の二人も、お楽しみに。


                                                   おけい

                    男と女 | permalink | comments(0) | - | - | -

                    今年のバレンタインはマジで。

                    0
                       

                      いまのわたしは、永遠じゃない。

                      ヴァレンタインの一日でさえも。





                      ヤラシー。

                      どうですか、お客さん。

                      これが今年のムッシムのヴァレンタインのテーマです。


                      デザインはもちろん、あの平和通りのオシャレ泥棒、doradoさんです。


                      義理チョコ?友チョコ?マイチョコ?


                      ちょっと待ってくださいよ。

                      そんなのいつでも出来るじゃないですか。

                      ヴァレンタインデーって、もっと男子女子がドキドキする日なんじゃないですか?

                      本気で行きましょうよ。そろそろ。

                      この特別な一日に全身全霊をかけて、あの人のハートをキャッチしましょう。


                      と、いう感じなわけです。



                      あ、でもどうしてもって言うなら、お世話になった人などへのノット本気チョコ用のお手軽なものもたくさん用意してますんで、あれだったら、どうぞよろしくおねがいします。



                      本日からパルコ7階シンナナでも、例年通りバレンタインマルシェが始まりました。

                      といっても、まだ新作は置いていません。

                      だからといって、お店にあるわけでもありません。

                      ということは、そう、まだ出来ておりません。


                      あと、あともう少し。

                      ほぼ出来てるんです。

                      週明けには出せたら良いなー。よいなよいな。

                      期待ふくらませ、胸おどらせて、心凍らせて・・・あ、それはいけん。

                      まあ、もうしばらくお待ちくださいませ。


                      本日も皆様のお越しをお待ちしておりますよ。

                      雪を砂糖だと思ったら寒くないらしいですよ(嘘)。

                                                     おけい

                      男と女 | permalink | comments(0) | - | - | -
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>