<< 連休のはじまりですね | main | お休みも開いています >>

空から降る一羽のドバト

0
    店の裏口を開けるとそこには

    灰色の毛だらけの物体が

    石のようにじっとうずくまっていた。


    大きなネズミだと思い、一歩後ずさってはみたものの

    全く動かないそれを不審に思い

    よくよく見てみると

    土鳩のヒナでした。


    何故突然うちの前に現れたのかは後で考えるとして

    荒い息遣いに、人間が近づいても逃げようとしない様子なもんで

    ほっとくこともできず

    動物病院に電話してみましたらば

    持ってきてくれにゃぁどうにもわからんということでしたので

    ケーキのサービス箱に捕獲して

    もっていったわけですが。


    さて、このドバトのバートさん(仮名)の運命ですが、

    どうやら巣から落ちたようなので、

    巣に戻してやるのが一番良いそうなのですが、

    巣が見つからないため無理なようです。


    残された道ですが、

    野鳥の為、飼うことは禁止されているので、

    ちゃんと自立出来るまで世話をして差し上げて、野生に還してあげる。

    それが無理なら


    安楽死。


    この苦渋の選択が、発見者であるわたくしの身に降りかかってまいりました。


    むむむー。

    バートさん(仮名)にとってどの道が幸せなのか。

    人の手で育てたところでこの野生の世界で生きていけるのか。


    ムツカシイ。



    ずっとハトの世話をするのが夢だったの

    という方がいらっしゃいましたら、

    是非ご一報を!!

    また、何か良い知恵があれば教えてください!!


                              おけい


    連絡先↓

    ムッシムパネン082−246−0399  ハト係 川本

    お店のできごと | permalink | comments(8) | trackbacks(0) | - | -

    この記事に対するコメント

    こんばんは。土鳩は建物の断崖絶壁に巣を作ることが多いらしい。そこから雛が落ちるのは、病気の場合が多く、感染のこと、飼育のことを考えると、野鳥保護センターか動物園へ連れて行くのがベストと思われる。
    まだ生きれるかもしれない命を安楽死は悲しい。ふつうの寿命は24〜30年。
    野生に返すまで育てるなら、約1か月半面倒を見ることになり、その間1日5回餌をあげ、保温にも気を配らないと、雛はすぐ死んでしまう。でも、ムッシムでは、困難よね。衛生面でも問題あるし、もし屋外で育てたら、雛の声でカラスや猫もやって来るから、危険。
    早いうちに野鳥保護センターか安佐ZOOへ!育てたいという方が居られたらいいね。
    おけいさんのところへ子鳩が来たのも何か意味があるんだろうね。がんばってね。
    おしんこちゃんの嫁 | 2008/04/27 11:37 PM
    何年か前にアタシも土鳩の雛保護して、安佐動物園に連れて行ったよ〜。
    (その前には怪我したたぬきも・・・)
    雛、それも野生動物を育てるのんは難しいけん、そのほうがいいかもね。
    大変でしょうががんばって!
    ネコミエコ | 2008/04/28 9:42 AM
    おしんこちゃん嫁さん

    おお。ナイス助言ありがとう。
    しかし、えらい野鳥に詳しいんじゃね。
    準備は順調ですか?

    ネコミエコさん

    ありがとうございます。
    そうか、安佐ZOOはハトでも引き取ってくれるんですね。
    獣医さんが貴重な野鳥じゃないとなかなか引き取ってくれんとおっしゃっていたんで、
    だめかと思っとりました。
    次の休みにでも持って行きます。

    たぬきって・・・
    おけい | 2008/04/28 9:54 AM
    うん、ちょっと嫌な顔はされるけどね(笑)
    困ってます感を出せば、たぶん保護して山に放してくれるまではやってくれると思うよ。
    なんかよく拾うんだ〜動物たち(笑)
    ネコミエコ | 2008/04/28 10:42 AM
    ネコミエコさん

    安佐zooに連絡して引き取ってもらうことになりました。


    が!

    今日のお昼に母バトらしきハトを発見!!
    また違うドラマが生まれそうです。
    おけい | 2008/04/28 9:06 PM
    昔公園で同じく雛を拾いました
    自宅の庭で世話して帰そうと
    毎日奮闘するある日
    いなくなってました
    ダンボールこじ開けて脱出
    めでたしね♪
    最近 (飼う)と(世話する)について思います
    (飼う)を(買う)と認識してる人が多すぎる
    (飼う)は=(世話する)なはずですが・・・
    バートさんによろしく!
    アルケミスト | 2008/04/29 12:01 AM
    お母さんが見つかりそうなら、よかった。私も以前雨で羽が濡れて飛べなくなってると思われるスズメの雛を見つけて、安全な屋外に保護してたら数時間後に居なくなってたよ。お母さんが鳴き声聞いて迎えに来たのではと思ってます。
    うちのお店はなんとか出来上がり、今は試食と原価計算をしているよ。オープンは5月中旬予定で、決まったらまた連絡させてね。どんどん延期になってるから、もう誰からも『いつオープン?』て聞かれなくなったよ・・・。
    ムッチムさんによろしくね。おしんこちゃんは元気です。
    おしんこちゃん嫁 | 2008/04/29 12:24 PM
    アルケミストさん

    そうですね。
    「飼う」≠「買う」問題もそうですが
    最近わたくしは飼い主のモラルの無さに憤りを感じております。
    人の多いところで平気で放し飼いにしたり、
    フンの後始末をしなかったり、
    公共施設の中に連れて入ったり。
    おかげでシェフがフン踏んでしまいましたよ。
    フフフ。

    おしんこちゃん嫁さん

    おー。延びたねー(笑)
    楽しみにしとるよ。がんばってね。
    おけい | 2008/04/29 3:34 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.musimpanen.com/trackback/553273
    この記事に対するトラックバック
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>